Love音楽

「存在そのものが衝撃だ!」と言われたMOROHAの結成から現在、そして魅力まで語ろう

 

MOROHAってどんな人なのさ

MOROHAとは、ラップ担当のアフロとギター担当のUKからなる2人組ユニットです。

ちなみに本人たちはバンドって言ってるぞい

MOROHAの特徴といえば、アフロの感情のこもったラップと、UKの引き込むような超絶テクニックがウリ。

最近のバラエティ番組や音楽番組の出演で、知名度も上がっています。

ぽんたまん
ぽんたまん
また、アフロがCMに引っ張りだこだよ。

アフロの印象的な力強い声は、広告宣伝にも一役買っているのです。

ラップ担当 アフロについて語ろう

Ebis LIQUIDROOM 2016.5.28 MC アフロ photo by HayachiN @hayachinphoto #moroha

YAVAY YAYVA RECORDSさん(@yavay_yayva_records)がシェアした投稿 –

幼い頃から歌うことが好きだったアフロ。

「この音楽かっこいい!」と感じたのは、小学校高学年のときに聴いたDragon Ashだったといいます。

ぽんたまん
ぽんたまん
音楽好きなアフロだったが、高校に入学して、
野球部に入部するんだよね。

野球部で甲子園を目指しながら頑張っていた高校時代、その頃のアフロはとにかく目立つことが好きだったとか。

人生で初めて見たバンドはUKが組んでいたバンドで、「やっぱり音楽ってかっこいいな」と再認識しました。

ぽんたまん
ぽんたまん
音楽で食べていこうなんて最初は思っていなかったため、
サラリーマンとして就職した経験を持っているよ。

しかし、サラリーマンを続けてもモチベーションは上がらず、その後音楽の世界に入ったという経歴の持ち主。

ギター担当 UKについて知ろう

実はUK、幼い頃からピアノを習っていました。

バンドを組みたいと思ったきっかけは、X JAPANだったといいます。

また憧れは、X JAPANのギタリストhide。念願のバンド結成は高校に入った時とのこと。

実はアフロとUKは同じ高校でだったですが、アフロは野球部だったということもあり、音楽に興味があることを知らなかったといいます。

今ではMOROHAで美しいアコギを聴かせてくれるが、最初はアコギなんて地味だし、弾きたくなかったとか。

UKの目標はとにかく大物になること、
歴史に名を刻みたいと言っているぞい。

MOROHA結成から今までをたどろう

MOROHA結成はノリで始まった。そして不本意だったと過去を語っています。

UKいわく「ノリで始めて、今はその延長線上。」

MOROHAの始まりはUKが家でギターを弾き始めたら、急にアフロがラップを始めたのが始まり。

そこから2人はノリでセッションするようになります。

ぽんたまん
ぽんたまん
MOROHAという名前もノリでできたと語っているよ。

MOROHAという名前は諸刃(もろは)という意味と響がかっこいいということで決まり、漢字の諸刃では硬すぎる見た目から、ローマ字に変えて世界観を限定させないようにしたとか。

常に見切り発車で進んできたのがMOROHAの形です。

ぽんたまん
ぽんたまん
MOROHAがデビューするきっかけになったのは、サマソニのオーディションだったんだって。

2010年のサマソニ出演オーディションに出演、その審査員を勤めていたサニーデイサービスの曽我部恵一に「存在そのものが衝撃だ!」と言わしめたといいます。

MOROHAは音楽の方向性などで迷っていた時期だったそうです。

そんな時に曽我部恵一さんに評価してもらえなかったら、今のMOROHAはなかったかもしれません。

この出会いをきっかけに曽我部恵一さんのプライベートレーベル、ROSE RECORDからデビューを果たします。

2枚のアルバムを発表後、自らのレーベルYAVAY YAYVA RECORDを設立し、3枚目のアルバムとベストアルバムを発表しています。

UKは「人と違う音楽をやっているという自負がある。自分たちの実力不足なのか、それとも音楽的に間違っているのか。結成してからの10年間は本当に辛かった。」と10年間の活動を振り返っています。

 

 

何と言ってもMOROHAの魅力は!?

心の底から溢れ出すリリックと優しく美しいギターサウンドがとてもいいよね!
全ての曲がアフロのラップと、UKのギターだけで成り立っているのが大きな特徴だね。

アフロのラップはポエトリーリーディング(詩を読み上げるスタイル)とも呼ばれ、今までアフロがMOROHAとして歩んできた歴史を読み取れる歌詞や思いが魅力的です。

アフロが経験してきた悔しいことや目標への思い、そして恋愛まで、1つひとつの音楽がわかりやすいストーリーにもなっています。

そして、歌詞の中に登場してくる言葉がやいばのように突き刺さる。

ぽんたまん
ぽんたまん
人生にも大きく影響するような歌詞の強さが味わえるよ。

UKのギターは驚くほどに情緒があり、心地の良い音色を聴かせてくれます。

ギター1本とは思えないような技術にも耳を離せなくなりこと間違いなし!

リードギター、リズムギター、パーカッションも1人で同時に行う凄腕ギターリストですよ。

ぽんたまん
ぽんたまん
パーカッションをひじで行う人って見たことないかも。。。

MOROHAのライブは、他のバンドとは少し違う空気が流れています。

観客1人ひとりの心に突き刺さるような歌詞と思いをはせるギター、そしてライブならではの熱量がMOROHAの何よりの魅力です。

「CDを聴いて心惹かれ、ライブで見て心打たれる。」