ブログ&ライティング

フリーでWebライターを始めて半年で月収20万を超えましたので学んだこと書きます。

どうも!ぽんたまんです。

私がフリーでWebライターを始めてから約半年が経ちました。最初始めた時は月収は5万円程度と最低なものでしたが徐々に収入が増えていき、2018年の12月にはなんとか月収20万円を越えることができました!

お前ならできると信じていたぞ

私は高校時代の国語の偏差値が36程度しかありませんでしたし、転職を繰り返す社会に馴染めない人間でした。しかし今では自分で最低限の金額を稼げています。

この記事では、私が未経験から半年間で月収20万円超えて学んだ3つのことを紹介します。

おすすめクラウドソーシング

文章を書く力と読む力

ライター業なので毎日文章を書きましたし、読みまくりました。文章を書く速さも、読む速さも断然早くなりました。

まぁ半年間やればそれなりに変わるとは思いますが、ライター業で大きく変わったのは文章を書く力と読む力です。そして偏差値36でも文章でお金に変えられることにちょっとビックリや!

文章を書く力

文章を書く力と言っても細かく見れば幅広いです。文章を書くためだけの本がたくさん発売されていますよね。そのくらい奥が深いものなので、私ももっと勉強しなければならないのは間違いありません。

ただ文章を書くときに重要なことは勉強して、今この文章にも活かされています!

  • タイピングの速さ
  • 文章の構成
  • 文章のリズム感
  • 読みやすさ

このようなことには普段から注意して書いていますし、大きく変わったと感じます。目で見てもわかるのはタイピングの速さですが、読みやすさには特に注意していますし、究極「読みやすさ」に集約されるのはないでしょうか。

この本は文章を書くときに非常に役に立ちました。これからクラウドソーシングでWebライターやろうと思っている方にはオススメしたい本ですよ。

文章の読む速さ

本を普段から読んでいたとかほざいていたのに、読む速さが遅かった私。。。本当に読むのが遅いんです。もう「速読とかは面倒」って考えていました。

なので文章を書く時は違って、勉強して読む速度が早くなった訳ではありません。しかし1つの記事を書き上げるのに5記事以上読むこともあるので、勝手に読む力は身に付いたと思います。

ぽんたまん
ぽんたまん
超絶遅読だった高校の頃が懐かしいぜ。。。



発信することの重要性

ツイッターとかを見ていると「あ〜発信って大切なんだな」って思いますが、Webライターをやるさらに大切さがわかります。特にブログは重要ですね。全然仕事がなかったときに作成した音楽ブログが宣伝になって、やりたかった仕事ができましたよ。

楽器はほとんど弾けないけど聴くのは大好きで、ロックとかジャズの歴史を勉強してたことを発信したら、音楽コラムの仕事をもらえたのです。やりたいことを発信して、それを宣伝の材料として使えば良いことに初めて気が付きました。

これからWebライターやりたい人は好きなことの発信を怠らずに!って思います。やっぱり好きなことがお金に変わるのはとても嬉しいです。

音楽以外にも私は「恋愛」や「アダルト」のジャンルに絞って書いています。そのため普段からのネタ集めも重要だと思って、evernoteにコラムになるネタを書き込んでいます。これがエロネタに繋がったりしました。

  • 自分の好きなことを発信すること
  • ネタ帳に書く

この2つは重要かなって思います。これからも続けていかないと。。。

ぽんたまん
ぽんたまん
ツイッターのフォロワー増えてないけどね

その他の学んだこと

文章の書く力読む力と発信の重要性の他にも細々と学んだことがあります。ライターの仕事に直接関わらないものもありますが、Webライターをフリーでやるためには重要なことだと思います。

時間管理能力

いまだに悩まされる時間管理能力。これは本当に難しい。やっぱり自分の怠けが出てしまい朝早く起きなかったり、夜遅くまで記事を書いて昼過ぎに起きるなんてこともありました。

しかしこれは月に10万くらいしか稼げていなかった時のことです。今は真逆で、0時までには布団に入りますし、朝は遅くても7時には起きています。

時間を管理できるようになったから仕事ができるようになったのか、仕事が多くなってきたから早く寝るようになったのかわかりません。ただ私は早起きするようになってから、月収が急激に上がったことは間違いありません

変な人を見分ける力

クラウドソーシングを使ってWebライターの仕事をする際に困るのは、変なお客さんにあってしまうことです。特にひどいのは、超低単価で記事を書かされることです。

「ライターとして活躍できるように教えます」みたいなことを宣伝文句として使っているところはもう信用しないようにしています。もちろんその中には良いお客さんもいるとは思います。ただ私の場合は全く逆で、イライラとストレスが溜まりすぎてパソコン開くのも嫌になったことがあります。

最初はこのような変な人に出会いってしまう可能性がありますが、今では変な人を見極める力はつきました。もしこれからクラウドソーシングでライターをやりたいと思っている人は、「あっこの人変かも」と思ったなら、仕事を受けない方が良いかもしれません。意外と勘は頼った方が良いです。

社畜でなくても生きていける

もっとも大きく学んだことは、今まで会社に勤めていた私が会社勤めをせずに月に20万稼いだことです。しかも今まで会社の上からの圧力に耐えられない典型的なデキナイヤツでした。2年間で転職回数は4回で、さすがに自分に対して失望しか湧いていませんでした。

そこから半年で20万稼げるのだから、本当に誰にでも半年あれば月収20万稼げます。本気でそう思っています。

私はきっとこの先、週5日のフルタイムで会社に勤めることはないでしょう。また鬱になって電車で倒れて転職するのが目に見えていますから。この先もWebライターとして働きます。そしてまずは半年頑張ろうと思います。

おすすめクラウドソーシング