ぽんたまんのこと

先生はゴールドフィンガー!?お尻で初めて逝った話とヤブ医者は本当のいるという話

どうもっ!ぽんたです。

今回はぽんたにとって結構恥ずかしいことを書こうかと思います。。。

 

すでにタイトルの時点でかなりの恥ずかしさ。

なんか辱めにあっている状態だな。。。

 

ところで皆さんはお尻で逝ったことありますか??

あっ、サオをシゴかれながらとかではないですよ。

お尻の穴に指突っ込まれて、手◯ンをされている状態でのイキですよ。

 

ぽんたは童貞を捨ててから2週間とたたずにお尻イキを経験しています。

この記事にはぽんたの辱めそのものを記します。

 

f:id:pontaman7:20180518151950j:plain

4人目の彼女にして初めて童貞を捨てる

 

ぽんたに初めて彼女ができたのは中学の2年の頃、初チューも13歳のときでしたかね。

これだけ聞くと恋愛に関して、少し早熟と言えますかね。

しかし、えっちを初めて経験したのは、4人目の彼女です。

しかもその時の年齢は20歳!!

 

「7年間俺は何をしていたのか。。。」

2人目の彼女も14歳のときで手を繋いだり、チューをした程度。。。このときはヤりたい気持ちもありましたが、この年齢の人がどこで、かつどのようにすれば良いのか全くわかりませんでした。

 

やがて高校へ、高校3年間彼女ができたことないです。

やばい俺!

3人目は

高校卒業直後くらいに1ヶ月だけ付き合いました。

 

18歳という年齢にも関わらずえっちしないというのはただのビビりですよね。。。

そしてやっと4人目の彼女です。この子はぽんたよりも4つも歳上でした。

 

経験も豊富で、さまざまなプレイを教えてくれたのも彼女です。

このとき20歳。やっと童貞を捨てることができたのです。

初えっちはどちらも逝くことできなかったんですよねー。。。恥ずかしいは、ほんとに。。。

 

性の虜に、、、サル野郎誕生です。

 

セックスという快感を覚えてしまったぽんた。もうサルも同然ですよね。

ぽんたの家に来るたびにえっちしていました。

 

あのー、、、もう馬鹿です。

えっちが嫌いな子だったら速攻フられていたかも。。。

慣れないことをやると自分の限界も来るものなのでしょうか。

 

ぽんたのぽんたが急に痛み始めたんですよね。。。

 

付き合って10日間くらい、そのうち6日間くらいはえっちをして、その他は1人で抜いてました。

底知れぬ性欲が日々ぽんたを襲っていたのです。

 

しかし痛みはなかなか引かず。。。

 

おしっこをするたびに刺されたような痛みが走ります。

そんな状態なのにえっちしてましたからね笑

 

初めての性病科

 

痛み始めてから、3日くらいした時にやっと病院へ行くことを決意します。

その病院は初めて行く性病科と呼ばれるところ。

 

正直入るのが恥ずかしかったし、看護師さんの目も痛いだろうなーって思っていました。

30代後半くらいの女性の受付の方に保険証などを渡して待ちます。

 

周りを見てもぽんたと同じくらいの年齢の人はいませんでした。20代半ばの女性がひとりいて、その他は中年男性がほとんどでした。

「こんなに若い奴っておれだけじゃん。」

 

アナルで初イキ

 

診察室には、50代くらいのおっさん先生とその横に40代くらいのおばさん看護師がひとりいました。

普通に問診から入ります。

 

「おしっこする時痛い?」 先生がおしっこって、、、尿って言わないのかい。

「最近性行為はした?」

「風俗とか行った?」

そんな質問をされ続けました。

 

ぽんたは非常に緊張していたので、ちゃんと返事できているかどうかもわかりません。

この後何されるか、どんな検査が待ち受けているか、、、そんなことで頭いっぱいだったんですよね。

 

「おそらくだけど、クラミジアだね。」

 

クラミジアの症状

男性の場合は、尿道に炎症が生じることで、排尿痛がおこる。痛みだけではなく、痒みを感じたり、サラサラとした尿道分泌液が出る可能性もある。

クラミジアの感染経路

感染経路のほとんどは性行為。

 

感染経路ひとつしか考えられないじゃん。。。

彼女を疑うのは嫌だなぁ。。。

 

「これから治るまでは性交渉は禁止ですからね。もちろん彼女とゴムをしたとしても避けてくださいね。」

 

せっかく変化球の投げ方を覚えたのに、コーチから変化球を禁止された時の8歳児くらいの落ち込みよう。。。

 

最低でも10日から14日くらいは性行為は禁止と言われました。。

最悪だ。。。地獄だなぁ。。。

先生を前にしても漏れてしまうタメ息。。。

 

「おそらくクラミジアですが、ちゃんと検査しておきましょうね。これから尿と精液を検査しますからね。」

「はい。」

??

???

 

「精液?????」

 

トイレで出せと??

 

「とりあえず尿をとって来てください。そしたらまたここに座っていてくださいね。」

 

・・・

 

尿は終わりました。

 

問題なのはここからですよ。

座って待っていると、さっき先生の隣にいた40代くらいの看護師さんが

「そこのベッドに仰向けで寝ていてください。あと、ズボンとパンツは下げといてくださいね。」

 

??

 

なぜにベッド!?

フルチンになって仰向けって!?!?

 

ここで自慰行為か!?

 

それかあのおばさんがするのか!?!?

そんなわけないよ!看護師がそういうことするのはAVの世界だけだ。

 

なぜだろう、、、

ほんとに不思議なんですよね。

 

あんなにおばさんでも状況が状況だと興奮してくるんですよ。。。

むしろ期待しちゃっているぽんたがいるわけですよ。

 

それにしてもだだっ広い部屋にフルチンで横になるのはとても違和感が。。。

「は〜いお待たせー」

 

この声は、、、

 

 

おっさん先生じゃないかい!!

 

おいおい!

右手にはめているのはなんだ!?

 

手袋かいなー!!

 

・・・

 

 

おっさん先生にされるのーーー!!!!!

 

後ろからついてくるはおばさん看護師。

手には何もはめていない。。。

 

なんだか少し残念だったことは覚えていますね。

「それじゃズボンは全部脱いでもらっていいかな。」

「全部ですか?」

「そうだよ。これからねお尻の穴に指を入れて前立腺を刺激するからね。少し痛むよ。」

 

はっ!ちょい待ち!!!

 

早いって!!

もう指いれのか!!!

 

しかも痛いの??前立腺をお尻から刺激するのって聞いたことあるけど痛いの??

 

もうわけわからない状態。

お医者さんですからね。拒否れないですよね。

 

手術で腕にボルトを入れた時より、ヤンキーに絡まれた時より、生徒会委員として全校生徒の前に立った時より、今の方が緊張している!

 

前立腺なんて自分から望んでお店にでも行かない限り味わえないものだと思ってたし。

 

てか

初めての前立腺が、、、おっさん。。。

 

俺の初めてが、、、

処女アナルなのに、、、

 

いろんな気持ちが混じり合っていました。

 

「脚を持ち上げてください。」

おっさんの言葉に反応して、おばさん看護師がぽんたの脚を持ち上げます。

 

今まさにちんぐり返し状態!!

 

最悪だ

 

おばさん看護師は俺の何を見ているのだろうか。。。

 

「それじゃ行きますよ。少しぎゅーとした痛みが感じますが、我慢してくださいね。」

 

ぽんたの胸の上には銀トレーのようなものが、、、外すことだけは避けなければ、、、帰りは電車だ。。。

 

先生の指の先に油のように白いローションが付いているのが見えました。

「いよいよか、、、」

ぽんたも覚悟しました。

 

その直後ぽんたのアナルに指が二本侵入して来ます。

 

アナルに何かが入るということ自体初めてだったので、痛いというより、違和感です。

 

先生の指の腹が天井に向いているのがなんとなくわかった瞬間、

「ウゥ〜〜〜〜〜〜!!!!」

声が漏れてる?そんなことどうでもいい!!

 

先生の指の動きとともの痛みに近い波が押し寄せて来ます。

 

まさに手◯ン状態!!

 

「ウゥっー!!痛っ!!」

正直気持ちよくなんてないのです。普通に痛い!そして変な違和感!!

頭が白くなっていく感覚、、、

 

あれ??逝く前の感覚と同じじゃない!?!?

指のリズムに合わせて徐々に押し寄せてくる感覚、、、

 

あ〜イくわーーー!!!

ぽんたでも目を疑いました。

 

だって射精してるんですもん

お尻の穴でよ??

 

「はい。終わりですよー。」

あーまさかの果てた時の感覚と同じ。

 

そのトレーに乗った精液を運ぶ看護師。

看護師はぽんたの声を聞いてどう思ったのだろうか。。。

 

辱めに合っている若い男のどこを見ていたのだろうか。

 

検査結果には1週間かかるということでした。

そして今日から地獄の禁欲生活が始まるのです。。。

 

あれ以来アナル無理状態

 

この出来事以来ぽんたはアナルがマジで無理です。

いや、正確には「無理でした」

 

この後にある出来事でアナルにも興味を持つことにはなります。

 

しかし、本当に無理だったのです。

肛門に何かが触れると肛門周辺の筋肉に力が入り、何も外部から受け入れなくしてしまうほどです。

 

遊びで肛門周辺とか触られるとブチギレるほどでした。

彼女から感染したと思われたクラミジアですが、彼女も病院で検査を受けてクラミジアではないことがわかりました。

 

 

はっ??

ぽんたの検査結果は、彼女より後に出ました。

 

 

「陰性です。」

 

そう言い渡したのはおっさん先生ではなく若い男の先生でした。

 

ぽんたはただの尿道だったみたいです。。。

初めて経験した前立腺、辱めにあいました。

そして、彼女を疑ったこと、1週間以上えっちできなかったこと。

 

正直その当時は辛かったです。

ヤブ医者というのが本当にいるのだと知りました。

 

しかし、ひとつ思います。

 

おっさん先生のような手◯ンをぽんたも覚えたい!!

 

禁欲生活の地獄が解けた後は、、、

燃えましたね。富士山が噴火したように熱いセックスをしました。

 

ヤブ医者には気をつけろ!!

以上っ!!