ぽんたまんのこと

ぽんたまんって誰?

 

名前:ぽんたまん

性別:♂

生年月日:1992年7月12日

フリーター歴約4年半。2年で転職4回の社会不適合者。夢はいつでもどこでも働ける環境を作ること。

 

簡単な自己紹介から

 

高卒→フリーター4年半→2年間で4回の転職。社会不適合者だとわかり会社員にならないことを誓いました。

現在ブログ書いたり、ライター業をしたり、リゾバなどをしながら生活しています。

将来は場所にとらわれないお金の稼ぎ方をしたいと思い、日々文章を書きまくっています。

 

放浪やお笑い、B級スポット、音楽などが大好きでブログでも発信していきます。特に音楽はめっちゃ好き!音楽専門のブログも開設しました。ぜひのぞいてみてくださいね。

 

以下ぽんたまんの紹介をしていきます。どんな記事を書いているか気になる人も読み進めてみてくださいね。

 

幼少期の教育が社会不適合者を生んだのか

 

私は今では超がつく有名幼稚園となった「ふじようちえん」に通っていました。

ここでは開園当時からモンテッソーリ教育を基盤に教育していて、子供を自由に責任感のある子に育てようとする教育方法です。藤井聡太もモンテッソーリ教育を受けたともいいます。

そんな素晴らしい教育を受けてきた私!なぜ会社員にもなれないような人間になったのだ!?

ぽんたまんをモンテッソーリ教育の失敗作だとして、教育について記事を書いています。ゆとり世代の一人である私が訴える教育の大切さ、重要さとは?

 

中高と悩みに悩んだ青春時代

 

実は小学生の頃は人に迷惑ばかりかけているよな少年でした。人のことを考えずに行動するような感じ。

それが変わったのは中学に入ってからです。急に「集団」というものを意識し始めるようになりました。13歳にしてやっと他人のことは考えるようになった。。。遅いですよね。周りには童貞捨てている人もいたのに!

集団のこと勉強のこと人のことをよく考えまくるようになり、私は鬱になりました。学校にもなかなか行けず、登校しても登校中に必ずゲロります。

軽い鬱だったとは思いますが、相当しんどかった。。。

 

そんな私の転機は高校入学の時でした。

「高校デビューは華やかに飾ろう!」そう思っていました。そしてそれを実行し、中学の頃とは違う明るい感じで高校は過ごせたのです。

しかしここで新たな問題が浮上します。自分を偽って明るく振舞うことが非常に大変なのです。まさに二重人格のような感じでした。

この時学んだことは「自分は自分でいいじゃないか」ということ。

暗かった中学時代も別に悪くはなかったと本気で思えるし、それが自分で違う自分を演じることはないだろう。そう思えたのです。

 

中学高校と本気な悩んだからこそ、同じような経験をしている人を励ましてあげたいという気持ちが強くあります。これからも「若者の悩み」については発信していきます。

 

20歳初めて童貞を捨てる

 

高校卒業してからは4年半もフリーター生活を送りました。この時期は特に悩んでいた時期ですが、その中でもセックス経験がないというのが最も悩んだことだったかもしれません。

そんな私にも20歳になってその時が訪れます。

相手は4歳も年上だったので、経験は豊富だったのでしょう。私はセックスの「セ」の字もわからない状態です。

そんな中のセックス恥ずかしながら、あまりよかったものではないでしょう。特に彼女は。。。

その恥ずかしさからぽんたまん、めっちゃ勉強します!ネットや雑誌はもちろん、女性目線のAVまで見まくりました。

 

別に上手だとは思いませんが、勉強したかいがあったと今になって思います。

そんなセックスとかの記事も書いたりしてますので、おヒマな時にでもぜひ呼んでくださいね。

 

フリーター時代に取得した調理師免許

 

長いフリーター時代は基本的に飲食店でのアルバイトが多かったです。私自身も料理は好きだったので、ほとんどストレスなく働けました。

この時代の経験からレストランやバーに対して、「美味しい」やら「まずい」やらうるさく評価するようになってしまいました。。。デート中でも頭の中では、「これは薄いな。しかも素材の味も出ていない。」なんて思ってしまうのです。

このころの経験から料理だけでなく、飲食店の紹介などの記事も書いています。

 

地獄の就職活動

 

そろそろフリーター生活をやめようと飲食店に試用期間2ヶ月で入社しました。

これが3ヶ月4ヶ月経っても正社員にはさせてもらえず、俺には実力がないのかと思っていた矢先店が潰れました。名古屋にある本店なら雇えると言われ断りました。

ここからが私の地獄の始まりです。

今まで飲食店でばかり働いていたが、この一件で飲食店を信用できなくなったのです。そして私のサラリーマンになるための就職活動が始まったのです。

しかしこれがね。うまくいかないのよ。

 

・高卒

・フリーター歴4年半

・面接の仕方、履歴書の書き方がわからない

 

試行錯誤をして就活してはいましたがなかなか難しい。。。

そこで見つけたのがジェイックという転職エージェントでした。俺この会社に出会ってなかったら、いまだにサラリーマンは経験できてなかったんじゃないかな。。。

そのくらい良かったし、とてもお世話になりました。

同じようにフリーター歴が長い方や大学中退をした方にはピッタリの転職エージェントですよ。

 

転職しまくり社会不適合者だとわかる

 

せっかく就職できたのにその後1年と少しで転職してしまいます。ここからがやばい!2ヶ月もしないで会社をやめるなんてこともざらにあり、転職しまくる時期に突入です。

私は2年間で4回もの転職をしています。

これはやばいですよね。。。この当時は「なんでサラリーマン続けられないんだろう」と頭を抱えていました。

 

しかし最近ですが気づいてことがあります。

「これってさ、逆にすごくない??2ヶ月でやめてるのに転職できるってすごくない??」

っということで転職系の記事も発信してます。転職はかなり労力がいるものですが、転職できない人なんていないですから、ブラック企業とはおさらばしましょう。

 

 

タイひとり旅で旅行が好きになる

 

転職をしている間に実はタイにひとり旅に行っていました。この経験から海外に興味がわき、ひとり旅も好きになりました。

将来は旅をしながら稼ぎたいなと思ったのもこの時の旅が原因です。タイでは楽しいことがたくさんあり、思い出に残ることがたくさんありました。

そんな経験から国内も移動しまくりです。そんな記事も発信していますよ。

 

いきなりリゾートバイトに行く

 

これも社会不適合と言えるでしょうが、やっとのこと就職した会計事務所を4ヶ月ほどでやめて青ヶ島にリゾバにいきます。

昔から興味のあった青ヶ島の求人をたまたま見てしまったのです。ここで私がとった行動が、「応募してみて受かったら行こう」という考えでした。

 

そして応募した次の日。まさかの合格!

速攻青ヶ島に出発しました。その後兵庫でもリゾバを経験しました。

なかなか経験できないことも経験できるので、リゾバは超おすすめ!

 

 

ぽんたまんは毛深いです

 

私は非常に毛深い!中学高校と学年で一番だったと言えるほどに毛深い。

そんな私ですが、女性と一晩過ごす時脱ぐのがめっちゃ恥ずかしいのです。。。「女性より脱ぐの恥ずかしがってどうするねん!」って言葉が飛んできそうですが、仕方がない。そのくらいに毛が濃いのです。

 

そんなある時、「私的には、男性も毛がいない方がいいんだよね」という女性に出会いました。

その時なんとなく思ったんですよね。「そうだ。パイパンにしよう。」

 

それで体のいろんな部分を除毛中です。そんな私の体験記を読んでください。

 

 

私は学生時代に鬱になり、若者特有の悩みを抱え、転職活動やいきなりのリゾートバイトなど、とにかくたくさんの悩みを抱えてきました。

しかし今になって思うことは、自分のちょっとした行動で環境は変えられるということです。そして、やろうと思えば少しでも理想に近づけるということです。

私はクズ人間ですが、行動力だけはある方だと思っています。これからも自分が悩んできたことはブログで発信し、共有していきたい。

このブログで誰かのちょっとした励みになれば超嬉しい!!