Love音楽

人生を悔いなく生きる方法!キースムーンから学べる人生論

 

こんにちは。ぽんたまんです。

私は60年代ロックが大好きでよく聴くのですが、その中でも異彩を放つドラマーKieth Moon(キースムーン)をご存知でしょうか?

超がつく有名バンドThe Whoのドラマーとして活躍したKieth Moon。さまざまな伝説を残したヤバい奴なんです。

この記事ではそのズバ抜けたヤバさから「人生を楽しむための極意」を学ぼうというのがテーマですよ。

Kieth Moonから学べること

思いっきり自由に生きて、ロックンロールのように駆け抜けろ。やりたいようにやれば悔いなく、かつ革命を起こせるかもしれない。ただし、人に迷惑をかけないこと。

演奏中の破天荒:その後のバンドに影響を及ぼす

Kieth Moonはロック界を代表する破天荒、そして自由人です。

まずはドラミングから見てみましょう。


The Who – Pinball Wizard (Live)

ドラムをやったことある人ならびっくりするでしょう。自由極まりない演奏スタイルに!

Kieth Moonは同じ曲でも毎回違った演奏をすることで有名。人生で一度も同じ叩き方をしたことないとまで言われています。

そして手数の多さ!畳み掛けるようなタム回しに度肝抜かれます。ドラムの基本としてハイハットでのリズムキープがありますが、Kiethはハイハットの使い方がわからなかったのです。

ぽんたまん
ぽんたまん
なんじゃそりゃ。どうやって練習してるねん!

この時点で既に自由人って感じがしますね。

 

そしてKieth Moonの行き過ぎたパフォーマンスがヤバい!

演奏後にドラムセットの破壊は当たり前。爆竹をドラムに仕込んで、「My Generation」演奏後に爆破。

ギターのピートタウンゼントは聴力障害を患い、近くで見ていたマイルス・デイヴィスの妻でシンガーのベティ・デイヴィスは爆竹の勢いで気を失ってしまいます。

しかしこの破壊や爆破のパフォーマンスは、その後のライブ演出として大きく影響を及ぼすのです。

自由に楽しんで行ったパフォーマンスや演奏スタイルはドラム界の革命と言えるでしょう。

ただ、ピートタウンゼントには迷惑かけすぎですね。。。いやいやバンドメンバーにも。。。

Kieth Moonの名言

僕はキースムーン・タイプのドラマーの中じゃ世界一だ。by Kieth Moon

ブラックジョークが好きだと言われているKieth Moonならではの名言ですね。いやっ迷言か。。。

 

以下Kieth Moonのドラムソロ


Keith Moon – Drum Solo 1974

なんかドラムの中に金魚いるし。。。

プライベートでの破天荒:ここまでイったら楽しいだろう

ドラムを叩いてる時の破天荒ぶりに、驚かされた人も多いかと思いますが、Kieth Moonのプライベートはさらにすごい!

もうね。ここまできたらすごいのよ。

 

・ホテルの窓から、家具やテレビを投げる

 

・ホテルのプールに車で突っ込んで、KiethだけでなくThe Whoまでもが、系列のホテル出禁となる。(死ぬまでブレーキとアクセルの区別ができなかったらしい笑)

 

・隣家の敷地内でバイクで突っ込む。週一のペースで。

 

・子供に薬物を強要。子供が拒んだため喧嘩になる。

 

・車でホテルの正面玄関に突っ込み、3人轢いた上、カウンターにぶち当たり車を止める。そして何事もなかったかのように「俺のスイートの鍵もらえる?」

 

・ロールスロイスごと自宅のプールに突っ込む

 

・多額のお金が入ったので、名優スティーブ・マックイーンの隣に家を建てる。しかも家をマックイーンの家より高く建てた。マックイーンの奥さんを見たくて、見下ろせるように建てたというのが理由。

 

・ジャンプ台を作り、バイクでマックイーンの家の塀を越えようとした。

 

・マックイーンの家の塀の下にトンネルを掘っているところをマックイーンに見つかる。

 

・悩まされたマックイーンはKiethに塀を越えられないような高い塀を作った。するとなぜかKiethもマックイーンの塀より高い塀を作って対抗した。(マックイーンはガンで若くして亡くなった。Kiethが原因か?)

 

代表的なやばいエピソードを載っけました。

マジできちがいです。ググればまだまだやばいエピソード出てきますからね。

 

こんな破天荒なやつでも「Led Zeppelin」の名付け親です。。。

私生活でも自由に生き、やりたいように生きたKieth Moon。私は思うのです。こんな生き方をしてたら、きっと悔いはないんだろうと。

ドラマーとしてやりたいようにやったからこそ、名ドラマーとして、名パフォーマーとして、ロックに革命をもたらしたのでしょう。

プライベートでもやりたいように生きています。人に迷惑ばかりかけてますがね。(事故ですが1人殺してます。事故ですからね!

Kiethから学ぶ人生論とは

思いっきり自由に生きて、ロックンロールのように駆け抜けろ。やりたいようにやれば悔いなく、かつ革命を起こせるかもしれない。ただし、人に迷惑をかけないこと。

ということだと思います。

Kieth Moonはロックの世界に革命をもたらしたのは間違いありません。それはやりたいようにやったからだと思っています。


The Who – My Generation live 1967

とにかく自由ですね。

最後はアルコールと薬物に溺れて死んでしまうのですが、自由に生き、ロックンロールのごとく駆け抜けた彼の生き様が何よりもかっこいいのです!