かっこいいベースソング!高校生、大学生ベーシスト必聴!

Love音楽

こんにちは。ぽんたです!

以前に好きなベーシストを書かせていただきました!

今回はぽんたが個人的にかっこいいと思うベースソングです!ベースラインの心地よい曲から随所に見せるベースソロまでかっこいいと思う曲を載せていきたいと思います。

f:id:pontaman7:20171012232102j:plain

スポンサーリンク

Jamiroquai  “Traveling Without Moving”

アシッドジャズを代表するグループJamiroquai。「Virtual Insanity」という曲が有名で、ベースラインもかっこいいのですが、アルバムのタイトルにもなっている「Traveling Without Moving」のベースラインは他のJamiroquaiの曲より断然かっこいいです!ベースが中心の重低音ダンスミュージックって感じでしょうか。これは高校生など影響を受けること間違いないでしょう!


Jamiroquai – Travelling Without Moving (HQ Audio) Abbey Road

Abbey Roadでのライブ音源バージョンですね。原曲よりこっちの方が好き!

このノリ!コピーしたくなりますね笑

Tower of Power  “What Is Hip?”

好きなベーシストにも紹介したFrancis Rocco Prestiaのベースが冴え渡ってる!一定の細かなリズム。16分で攻めまくるスタイル。真似したくても真似できないでしょう。

ぽんたも高校時代にメトロノーム使って練習はしてみたものの、センスのないぽんたにはできませんでした。。。

とにかく聴けよ!必聴です!


Tower of Power – What is hip? (live in Basel)

 Muse  “Hysteria”

3人組か!?と思える演奏をするMuse!かっこいいベースラインランキングみたいなやつで「Hysteria」は1位に選ばれていたと思います。

1位かどうかは別として、とにかくかっこいい!最高の歪み具合がベースとして重要な重みを捉えています!

若者だったらファンクとかよりMuseのようなハードで重みのある音楽の方が好きですよね笑

「Hysteria」に限らずかっこいい曲たくさんあるので聴いてみるべしです。


Muse – Hysteria Live Wembley

これなんのエフェクターや。。。そこの知識全くないから、こんな音出ること自体が不思議。。。

Sly & The Family Stone  “Thank You for Talkin’ to Me Africa”

少し長めの曲だが、ファンクをより感じられる曲。初めて聴いたときは、曲初っ端のスライドベースに心打たれました!また、単純明解なベースラインもなぜかかっこいい!シンプルイズベストとはこういうことなのか。。。

あの細野晴臣さんが学生時代に何度も練習した曲だとも語っていました。


Sly & Family Stone – Thank You For Talking To Me Africa

Red Hot Chili Peppers  “Naked in The Rain”

</2>

レッチリの音楽自体ベースはかっこいいのですが、個人的に好きなのは「Naked in The Rain」です。Blood Suger Sex Magicに収録されていて、ほぼスラップだけで引き倒しています。ファンキーなノリとスラップの激しさがめっちゃかっこいい!スラップ練習にも、まじで良いと思います!これもまた必聴です!


12 – Red Hot Chili Peppers – Naked In The Rain (320 kbps – Studio Version)

Led Zeppelin  “Achilles Last Stand”

Led Zeppelinはぽんたが最高に好きなバンド!その中でもベースがかっこいい曲はたくさんあります。「Communication Breakdown」「Immigrant Song」などギタードラムに引けを劣らずかっこいいベースプレイです!

でも「Achilles Last Stand」は今までのぽんたには聴いたことないベース音でした!一定のカラッとした音がたまらなく癖になります。まさにベース主役の曲だと思います!


LED ZEPPELIN ACHILLES LAST STAND(KNEWBORTH/1979)

ギターもドラムもかっこいいじゃんね!!

Herbie Hancock(Head Hunters) “Chameleon”

Herbie HancockのバンドHead Huntersのベーシストとして活動し、グルーブィなサウンドを作り上げるPaul Jackson。何よりこの曲はベースラインが半端なくかっこいい!曲の展開もかっこいい!いろんなファンクミュージックを聴いてきた中で、もしかしたら1番かっこいいかも!?


Herbie Hancock – Chameleon (FULL VERSION)

 The Who  “The Real Me”

この曲はリズム隊が衝撃的なプレイを繰り出します!ドラムの暴れっぷりに、ベースの空気を読まないウネウネライン!今まで、The Whoの魅力がわからなかったのですが、この”The Real Me”を聴いてからというもの、「Tommy」や「Quadrophenia」はループで聴いています笑

それくらい衝撃的なベースライン!これは必聴!


The Who – The Real Me

Bjork  “Declare Independence”

Bjork。。。ぽんたが愛してやまないアーティストです。基本的にアート寄りな音楽を作るアーティストなのですが、この「Declare Independence」はアーティスティックな曲の上に歪みのベースがかっこよく冴え渡っています!


björk: declare Independence

Bjorkのこのpv結構好きです。

ぽんたの好きなベースソング紹介しました!ベースソングっていうより、ぽんたのただただ好きな曲紹介になっちゃいましたが笑

高校生とか正直好きな音楽聴けばいいと思うけど、いろんな音楽聴くことで、もっと演奏にも幅が広がると勝手に思ってるので、ぜひこの機会に音楽の探求をしてみてはいかがでしょうか!

音楽を探していくの意外と面白いですよー^_^

コメント