Love Book&Movie

死にたくなったら聴く曲。辛い10代、20代へ。

死にたいくらい辛い時に聴きたい曲を5つ集めてみました。

ええねん|ウルフルズ


ええねん

最強の「全肯定ソング」だと思います。辛い時に聴くと身体の力が抜けて軽くなる気がします。いろんなことに悩んだ高校時代によく聴いた曲を選ばせていただきました。

森山直太朗|生きてることが辛いなら


森山直太朗 – 生きてることが辛いなら

いい歌詞です。「生きてることが辛いなら、いっそ小さく死ねばいい」という歌詞は当時問題になりました。大事なのは、歌詞の流れと後半です。徐々に死から遠ざかって、生きる歓びに変わります。何度も何度も聴いた名曲です。

高橋優|少年であれ


高橋優 「少年であれ」

高橋優さんの曲自体、勇気付けられる曲ばかりですが、この「少年であれ」は落ち込む若者を特に勇気付ける曲だと思います。「誰しも未完の賜物」という歌詞には、何度も助けられました。今でも、よく聴き勇気をもらっています。

竹原ピストル|よー、そこの若いの


竹原ピストル よー、そこの若いの

ギターでの弾き語りが特にいい気がします。悩める若者に向けての曲です。今の自分でいいんだって、肯定してくれます。個人的にもっともっと売れてほしいアーティストです。

中島みゆき|時代


中島みゆき「時代-Time goes around- 2016」[ Special MV]【HD】

言わずと知れた名曲です。中島みゆきさんの力強い歌声が歌詞の持つ力をさらに引き延ばしている気がします。何百回と聴いた心に響く歌です。