ライター未経験でも偏差値36でも大丈夫!ランサーズを初めて1週間で3件のプロジェクト案件を受注した方法

ぽんたまんのこと

「ランサーズ始めてみたものの、タスクだけじゃ稼げないよ。」

「ライティング能力なくてもプロジェクト案件ってできるのかな。」

ぽんたまんがランサーズを始めたのは6月27日のことです。このブログを書いている日が7月4日。

ちょうど1週間経ちました。

ぽんたまんは初日、タスクばっかり処理していましたが、2日目には気づいたのです。

「あれ?タスクって稼げなくない??プロジェクトの方がよくない???」

ランサーズでライターをやっていれば、きっと思うことでしょう。

タスクって体験談やアンケートが多くほとんどお金になりません。

プロジェクトになると、単価も少し上がりタスクよりは稼げるのです。

「プロジェクト案件の方が良いやん。」

「だったらプロジェクト案件受注作戦や!!」

ライター歴0年。職歴クソ。高卒。高校の国語偏差値36(高三の夏)。

それでも1週間でプロジェクト案件を3件も受注できました。

こんなぽんたまんでもプロジェクト案件を受注できたし、そのうち2件とは、継続的にお付き合いしている状態です。

経験がなくてもプロジェクト案件が取れた理由を個人的に考えてみました。

以下紹介していきます。

f:id:pontaman7:20180707135313j:plain

スポンサーリンク

プロジェクト案件は怖くない

ぽんたまんが最初に感じていたことは、

「プロジェクト案件は怖い。」ということです。

タスクでは、お仕事を選択し、処理して提出すればすぐに終わります。

記事などを作成し、提出。

提出したものが承認されれば、お金が支払われるシステムです。

しかし、プロジェクト案件では、ひとつの案件に対して何人も提案をします。

「私には、〇〇な記事が書けます!」

「前職でライターをやっていました!」

などなど、自分を売り込むことが必須。

提案者の中で選ばれた人だけが、お仕事をする権利を得られるのです。

「それって、もはや営業活動やん!!」

そうです。

営業してお仕事をもらうのです。

初日はとにかくの子に事実にビビりまくりでした。

経験がある人ばかり案件を受注しているイメージだったのです。

未経験には難しいだろうと。。。

しかし2日目。

「タスク安いな。プロジェクトやろう!」

「だって最初はみんな未経験者やん!」

考えてみれば、最初はみんな受注数は0

経験者しか選ばれないなら、みんな0から1にはなれない!

そう思ったら、プロジェクト案件に挑戦してみようと思ったのです。

未経験だからって、プロジェクト案件に挑戦してはいけないなんてありません。

未経験だからこそ、どんどんプロジェクト案件に提案して良いのです。

プロフィールはある程度書いておく

ぽんたまんが始めてプロジェクト案件に提案したとき、タスクの作業数は10件ほどでした。

「こんなではだめだ。」と思い、プロジェクト案件のためにプロフィールを書いてみることにしました。

参考にしたのは以下の記事です。

matsuokamiki.com

難しく考えすぎないで!

この記事に書いてあること全て成し遂げようとすると大変です!

ぽんたまんは怠け者なので、以下の点に気をつけました。

・見やすいプロフィールか

・自分ができること(資格など)をアピール

・ブログやSNSで〇〇について発信している

プロフィールに注意して組み込んだのはこれだけです。

しかし、ちゃんとしたい人は、上の記事を参考に書いてみてくださいね!

めっちゃ参考になりますから!

難しくない案件からどんどん提案していく

プロフィールが書けたら、いよいよ仕事探しです。

この仕事探しが意外と楽しいんですよねー。

ぽんたまんが仕事を選ぶ上で注意したことがいくつかあります。

・初心者OKマークがあるか

経験者優遇と書かれた案件に飛び込んでも、返り討ちにあい、嫌な気持ちになりそうだったので避けました。

初心者OKと書かれた案件を選ぶようにしましょう。

・クライアントの評価

案件を提出しているクライアントの評価は必ずチェックです。

評価が低すぎたり、まだ案件を出したことないクライアントは避けました。仕事の手順を、自分もクライアントもわからないなんてことになってしまったら、面倒ですからね。

・希望納期と内容

初めての時はなるべく希望納期が遅めの方が良いでしょう。

そして内容は隅々までチェックです。「ノルマ」などの文字が入っていないかちゃんと確認しましょう。

自分の強み、アピールポイントを探す

良い案件を見つけたら、最後に自分を売り込まなければなりません。

プロジェクト案件で最も難しさを感じる部分です。

ぽんたまんが提案文を作るときは、自己紹介から始まり、自分の最終学歴や職歴。

今までどのような仕事してきたのかを簡単に書きます。

次に趣味や得意なことを書いていきます。

このときぽんたまんは気付くのです。

「あれ?俺ライター経験とかないし。得意なこと、、、何もない!」

強いていうなら、超激辛料理を食べれることくらい。。。

考えて考えて、自分の強み、アピールポイントを2つだけ思いついたのです。

1つ目が、ブログやSNSで多少なりとも発信していること。

2つ目が、時間がめっちゃ余ってるから、誰よりも早く提出できることです。

ブログはやっていてよかったと、このとき思いました。

場合によっては、

「あなたのブログを拝見させてください!」

なんて言われることもあります。ぽんたまんは現に言われました。

そして、ただいま無職であるぽんたまんの強み!

それは、時間が限りなくあること!

だから誰よりも早く納品できることを伝えたのです。

クライアントからは「納期のはやさ」という部分で星5をもらっています。

ライター未経験の人がプロジェクト案件に提案する際は、

自分の強み  アピールポイント

をうまく伝えることが大切です。

最後に、プロジェクト案件は初心者でも受注できるものです。

むしろ初心者の方が、固くなった文を書かないから良い、なんて書いてある案件も見かけました。

初心者だろうと関係なく、どんどんプロジェクト案件を掴み取りましょう!

同じような仲間がいてくれたら、ぽんたまんも嬉しいです!!

「ぽんたまんの記事なんて参考にならんわ!」

「てかぽんたまんとか誰だよwww」

って人!以下の記事はとても参考になるので読んでみてくださいね。

matsuokamiki.com

初心者ライターに参考になる書籍です。

ぽんたまんは何冊か、ライティングの本を読みましたが、もっとも勉強になるなぁと感じたのがこの「新しい文章力の教室」です。

ぜひ一度チェックしてみてください!

コメント