草食男子の指南書!恋愛の悩みなら「LOVE理論」を読んで恋愛の極意を学ぶ

Love Book&Movie

どうもっ!ぽんたまんです。

ぽんたまんは人生でモテたことは中学の時だけです。それ以降全くモテていません。

そんなぽんたまんも楽しい恋愛がしたいのです!こんな歳になって言うのも恥ずかしいですが、男は恋をして成長していくものだと思っています!

今回は「夢をかなえるゾウ」や「ウケる技術」などを読んで水野敬也さんのファンになってしまったので、水野敬也さんの書く恋愛本「LOVE理論」を読んでみました。

これが結論から言うとめっちゃ面白い本!何より堅苦しくないところが読みやすい!

熱血教師ばりにビシバシと恋愛の極意を教えてくれます。

女は、好きになった男の全てを好きになる。

この言葉グッときますね。

水野敬也さんの語る恋愛論を少しだけピックアップしてみました。

スポンサーリンク

「ロマンチスト 」と 「コンプレックス 」は表裏一体??

男をモテさせない要因は 「ロマンチスト 」だけではない 。その最も大きな原因は 「コンプレックス (劣等感 ) 」である 。自分のルックスや肩書 、服装 、金などに劣等感のあるやつは恋愛に対して自信が持てず 、女をデ ートに誘うのにも躊躇してしまうものだ 。

このコンプレックスというのが恋愛においてものすごく邪魔をしますよね。ぽんたまんもめちゃくちゃ経験してます。

コンプレックスがあると全く自信を持てません。

しかし、「ロマンチスト 」と 「コンプレックス 」は表裏一体だと水野敬也さんは語っています。

ロマンチスト=理想の自分、妄想の自分を愛している

コンプレックス=理想の自分から見ると、現実の自分は不完全。これが劣等感になる。

→現実の自分と理想の自分とのギャップに苦しんでいる状態だと言えるだろう 。

この解決策が「自虐ギレ理論」というもの。

もしハゲだった場合、「誰がハゲじゃ!」とハゲをさらけ出す。

あえてコンプレックスをさらけ出すことで小笑いを生み出すのです。

劣等感を逆手にとって笑いを生み出すこの方法は使える!ぽんたまんも毛深いことをどんどん出していこう!

好きな男とセックスするのではない 。セックスした男を好きになる 。

水野敬也さんが発見した理論に「DK心変わり理論」というものがあります。DKとはディープキスのこと。

もし順調に手をつないだりキスをしても 、ディ ープキスをした日に女を家に帰してしまった場合 、女の気持ちは急降下し 、それ以上の発展はないということ。

(中略)

「セックスをすることで女は男にホレる 」のだ 。なぜこのような現象が起きるのだろうか ?それは 、セックスは 「女にとっての価値そのもの 」だからである 。

女性とDKだけしてバイバイした場合次につながりにくい。

しかしセックスの場合は以下引用。

セックスをした後はこう考える 。 「かなりブサイクな男だったけど … …でも優しいところもあったし 。全然お金持ってないけど 、でも面白い人だったし … …アリかな 。うん 。アリかナシかで言ったら 、アリ 。あの男アリだわ 。全然アリ 」

女性自身のセックスの価値を下げないためにも相手をおのずと上げる状態になるのです。

自分のモテない理由もわかってくる

ぽんたまんはこの本を読んでみて、自分のモテない理由も見えてきました。コンプレックスを笑いに変えてしまうような心強さすらありませんでしたが、「こんなふざけたことでいいのか!」と少し自信が湧きました。

本書は以下3つにおいてものすごく有益な情報が書かれています。

・自分がモテない理由がわかる

・女性を喜ばせ方がわかる

・出会い方も教えてくれる

正直出会い方も手が出しやすいものをギャグを交えて紹介してくれるので、とても参考になります。これはぽんたまんも使ってみます!

最後に収録されている戦場のメリークリスマス理論」は12月24日当日でもデートする相手が見つかる方法が書かれています。しかも水野敬也さんの実話に基づいた話で、普通に面白い。

恋愛を学ぶなら「LOVE理論」めっちゃおすすめです!

LOVE理論

LOVE理論

コメント