お金も名声も、全部、他人がお前に与えてくれるもんなんや。「夢をかなえるゾウ」水野敬也

Love Book&Movie

トイレを掃除する、ちゅうことはやな、一番汚いところを掃除するっちゅうことや。そんなもん誰かて、やりたないやろ。けどな、人がやりたがらんことやるからこそ、それが一番喜ばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。

 人間ちゅうのは不思議な生き物でな。自分にとってどうでもええ人には気い遣いよるくせに、一番お世話になった人や一番自分を好きでいてくれる人、つまり、自分にとって一番大事な人をぞんざいに扱うんや。たとえば、、、親や。

二日酔いから目を覚ますとそこには、ゾウの姿をしたバケモノが。

しかも、関西弁を話し、とてつもなくうさんくさく、自分のことを神様ガネーシャ”だという。

話を聞けば、ナポレオン、孔子ニュートンビル・ゲイツ、歴史に名を残した人たちは自分が導いたという。

しかし、ガネーシャの教えは、「靴をみがく」「トイレを掃除する」など地味なものばかり、、、

こんなんで僕は変われるのか!

っ的な話です!

ダメダメな僕がガネーシャの教えで変わって行く話なのですが、これがすごく面白い!

そして、笑って、泣ける。今までの自己啓発本にはなかったスタイルでは?と思ってしまいます。(ぽんたがこの手の本を読んでないからかもしれませんが)

・人生が変わる?ガネーシャの教えの数々

ガネーシャが教えてくれる教えは、本当に意味のあることなのかどうか、実行したところで何か変わるのか、疑問に思うようなのばかりです。

「靴をみがく」「コンビニでお釣りを募金する」「トイレを掃除する」などなど一見意味のなさそうなことばかりですが、その裏付けが納得行くものばかり。

上記にも引用して書いたガネーシャの名言ですが、「トイレを掃除する」ことから、「一番人に頼みたいことだから、そこに価値が生まれる」というところまで紐づいて教えてくれます。

トイレを掃除する、ちゅうことはやな、1番汚いところを掃除するとあうことなんや。そんなもん誰かてやりたないやろ。けどな、人がやりたがらないことをやるからこそ、それが1番喜ばれるんや。1番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。わかるか?まあ好きなことするのも大事なことやけどな、それと同じくらい大事なんは、人がやりたがらないことでも率先してやることや。仕事できるやつらは全員そのこと知っとるで。

「コンビニでお釣りを募金する」ことについても、

ええか?お金いうんはな、人を喜ばせて、幸せにした分だけもらうもんや。せやから、お金持ちに「なる」んは、みんなをめっちゃ喜ばせたいて思ってるやつやねん。でも、お金持ちに「なりたい」やつは、やれ車が欲しいやの、うまいものが食べたいやの、自分を喜ばせることばかり考えとるやつやろ。
世の中の人を喜ばせたいっちゅう気持ちを素直に大きくしていくことが大事やねん。そやから寄付するねん。自分はとにかく人を喜ばせたいし、助けたい。そういう人間になることや。

他にも「会った人を笑わせる」「人が欲しがっているものを先取りする」「ただでもらう」など理由を聞いたら、自分を変えるために必要なことばかりが書かれています。

とにかく良本!

300万部も発行してるだけあるわ〜って思ってしまう。

・自己啓発なのに異常に読みやすい

自己啓発の本を読んだことあるって方はわかると思いますが、自己啓発本ってめっちゃ眠くなりません?

もっと読んで勉強したいのに、まぶたが、、、ってことありません?

有名な「七つの習慣」とか良いことたくさん書いてあることはわかるのですが、もう3個目の習慣から6個目の習慣くらいまでほぼ寝ながら読んでたから記憶にないんですよねー。。。あっぽんたの場合ですがね。

とにかく説明とか事例的なことばかりで頭にインプットされにくいというのがある意味自己啓発本の特徴なのかもしれません。

しかし「夢をかなえるゾウ」は全く違います。

悩める男の物語となっているので読みやすいのです!

そして何より、「自分を変えたい」「成功したい」と悩んでいる僕に重ねやすいのです。主人公に感情移入しやすい!

そして、ガネーシャのお茶目な言動に笑ってしまったり、たまに見せる神ならではの悩みが面白かったり、そして最後は少し泣けます。

ストーリーが面白いから、自己啓発的なところもすっと入ってきます。

「物語が先行して自己啓発のことなんてあまり書いてないんじゃないか?」

ぽんたも最初そう思ってましたが、一つの章につき、一つの教えを説いてくれるので、とてもわかりやすいです。

・まとめ

ぽんたは結構自己啓発本が好きで色々読んできました。

しかし、自己啓発は説明文のような形が多くとても眠くなる。。。そして頭にあまり入らない。。。

これが自己啓発のイメージであり、事実です!

「夢をかなえるゾウ」では、これが真逆!

むしろ「読みたい読みたい」「あれ?全然眠くないやん。。。」「ガネーシャ!もっと教えてくれ!」

こんな感じでどんどん読み進めていける本です。

そして、師であるガネーシャの教えに説得力があります。偉人たちを育て上げたガネーシャだから偉人の名言やエピソードが織り交ぜられているのです。

ドラッガーの言葉「強みの上に築け」

松下幸之助の言葉「すべての責任は自分にある」

などなど

偉人たちに興味をもつきっかけにもなります。

あっ、自己啓発本初心者にも良いかもしれませんね!

夢をかなえるゾウ文庫版

夢をかなえるゾウ文庫版

コメント