Love音楽

革命 moroha 歌詞

morohaが好きすぎるので歌詞書きます。

 

「革命」  by  moroha

 

乾杯! 誕生日おめでとう

いや〜しかしあっという間だよな

俺たち今年26だぜ

いや〜しかしこの前の飲み会もめちゃめちゃ盛り上がったよな

あいつ目覚めたら逗子にいたらしいぜ

 

笑えるよな

いや〜俺たちほんと幸せもんだよ

でかい夢があって それを語り合える友達がいて

女はいないけど 酒は美味いし 悪くない 悪くないとは思うんだ

 

けどさ 全然大した話じゃないんだけど 俺おまえに言わなくちゃいけないことあるんだよね

そういやさ 飲み会の帰り道突如やってくるあの虚しさ あれなんだろうね

あれやばくね! 胸痛くね?

ごめん どうでもいいか

いや 話つーのは

 

 

ごめんな友よ 俺はもう行くよ 居酒屋だけの意気込みじゃゴミだ

おまえもほんとは気付いてるんだ シラフじゃ語れぬ夢は惨めだ

現実は辛い 暗い 時に苦しい それでも妄想よりは眩しい

本気を出したらやばい俺より いつだって本気なおまえがやばい

 

汗をちぎる涙ちょん切る そびえ立つビルに桜ちるちる

飲み干すビール 時間が過ぎる この町で迎えた6度目の春

今年こそ来年こそ 何年生きれるつもりで生きてきたんだ

今日が終わる いや今が終わる そう思えたやつから明日が変わる

 

真っ暗闇の未来に描き殴る蛍光ペンを求めて 半径0mの世界を変える

革命起こす幕開けの夜

 

 

ヒップホップもロックもジャンルじゃない それは魂の名前だ

ギターが1本 マイクが1本 俺らは俺らの道を行くだけ

俺は生きてるって感じていたい 俺はここにいるってわかってほしい

居場所はいつまでも原点 その点をでかくして行くだけ

 

寂しさの跡地で笑え 悲しいことさえロマンで歌え

全てのことがうまく行くよりも劇的じゃねぇかそっちの方が

1回2回負けたくらいで折れちまうプライドならもう捨てた

勇気や希望 笑わねぇ勇気 それだけが俺らを運ぶぜ

 

真っ暗闇の未来に描き殴る蛍光ペンを求めて 半径0mの世界を変える

革命起こす幕開けの夜

 

 

今まで恥ずかしかったこと 夢や希望を真顔で語ったこと

今まで恥ずかしかったこと あいつ痛い寒いと言われたこと

今まで恥ずかしかったこと 身の程を知れって言われたこと

何より恥ずかしかったこと それを恥ずかしいと思ったこと

 

バカにされないくらいバカになりたいよ 毎日毎晩夢中でやってる

青タンこさえてつつる生活に誰にも何も言わせやしないと

暇さえあればタネをまいて 暇がなくたって水をやった

マイペースじゃ間に合うはずがねぇ だから癒しやゆとりの逆え逆え

 

逆境は最高のごちそうさ 並ぶ白い目にほっぺが落ちそうだ

焦りや葛藤 今日もありがとう ため息の後のヤバいをよこせよ

自信確信あるはずもねぇ だけどいやだからこそ

半信半疑を半殺すのさ それだけの日々を情熱と呼ぶ

 

真っ暗闇の未来に描き殴る蛍光ペンを求めて 半径0mの世界を変える

革命起こす幕開けの夜

真っ暗闇の未来に描き殴る蛍光ペンを求めて 半径0mの世界を変える

革命起こす幕開けの夜

真っ暗闇の未来に描き殴る蛍光ペンを求めて 半径0mの世界を変える

革命起こす幕開けの夜

 

 


革命 MOROHA

 

この歌詞は2ndアルバム収録の歌詞です。

ベスト盤の歌詞とは少し違う部分があります。

 

http://pontaman7.com/morohanituite

http://pontaman7.com/entry/2018/04/04/202715/