プロテイン3種。ホエイ、カゼイン、ソイってなんぞやって方にわかりやすく説明する!

Love Sports

こんにちは。ぽんたです!

モテるために必要な要素。。。

それはマッチョだ!!筋肉隆々な奴がモテる!!

モテない村村民の浅はかな考え方です。。。

しかし、筋トレすればするほどはまっていき、今ではプロテインにこだわりを持ち始めるほど。。。

f:id:pontaman7:20171001121826j:plain

今回はプロテインの種類と目的にあったプロテインを紹介しようかと思いますー

スポンサーリンク

ホエイプロテイン

スポーツ用品店やドンキに行くとほとんどのプロテインがこのホエイプロテインにあたります。ホエイプロテインは牛乳のたんぱく質の一種。

ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイと呼びます。

吸収率がとても高いため運動直後に飲むのがオススメで、筋肉の修復や骨の健康を保ったりと様々な良い効果が期待できます。

 

「筋肉をつけたい!」という方はホエイプロテインを飲めば間違いありません。

スポーツ用品店などに行くと特にわかりますが、「理想の筋肉のために」や「ウェイトアップ」などと表記されているもののほとんどがホエイプロテインです。

また、他のプロテインと比べて、溶けやすく飲みやすいというのが特徴。

ただ、熱に弱いので温かい飲み物で割らない方が良さそうです。

 

メリット

・吸収率がとても早い

・飲みやすいものが多い

 

デメリット

・熱に弱い

 

目的

・筋肉をつけたい方

・体重を増やしたい方

 

カゼインプロテイン

ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするプロテインです。

チーズやヨーグルトを固める作用があります。

ホエイプロテインは水溶性であるのに対して、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、体への吸収がゆっくりなのが特徴。

 

吸収速度がゆっくりなので満腹感が続くことから、ダイエットや運動しない日のたんぱく質補給に向いています。

また就寝前に飲むと、寝ている間にゆっくりと吸収されるのでオススメ。(成長ホルモンの分泌と関係があるようです。)

 

メリット

・ゆっくり吸収されるので、食べ過ぎ防止などのダイエットに向いている

 

デメリット

・ホエイより溶けづらく多少飲みづらい

・運動直後にはあまり向かない

 

目的

・運動しない日のたんぱく質補給

・ダイエット

 

ソイプロテイン

ソイという名前の通り大豆から作られるプロテインで、余分な脂肪や糖質を減らし、植物性たんぱく質を効果的に摂取できるようになっています。

ソイプロテインカゼインと似ていて吸収に時間がかかるため、ダイエットなどに向いているプロテインです。

吸収までに5〜6時間かかると言われていて、昼食と夕食の間隔が長い時などに飲むとお腹も満たされ、効果が発揮されますよ。

 

また、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているため、美容効果も期待できます。

メリハリのあるボディや肌の張りなどを保ちたい方にはオススメです。

ただ、溶けにくいのがデメリットで他のプロテインと比べるとかなり飲みづらくなっていますし、味も他と比べると劣っているように感じます。

 

メリット

・ゆっくり吸収されるので、食べ過ぎ防止などのダイエットに向いている

・美容効果がある

 

デメリット

・溶けづらく飲みにくい

 

目的

・間食などに飲み、食べ過ぎを防止する

・ダイエット

 

自分の経験

ホエイプロテインなら運動直後(運動直後30分以内をゴールデンタイムと呼ぶ)に飲むことがオススメで、ぽんたもジム終わりに必ず飲むようにしています。

また、吸収率を高めるためには牛乳で割らずに、水やジュースなどで割ると良いですよ。

なぜなら、牛乳自体にカゼインが入っているので牛乳で割るとせっかくのホエイプロテインも素早く吸収できなくなるからです。

 

また仕事柄、昼食がかなり遅くなることがあるので、出勤前にカゼインプロテインを牛乳で割って飲んでいます。

朝にカゼイン。夕方運動後にホエイ。この生活を1カ月くらい続けていますが、かなり身体も大きくなり筋肉量も増えてきました!

 

すべてのプロテインに言えることですが、飲みすぎは太ることにもつながります。(余分なたんぱく質は脂肪などに蓄積されます)運動あってのプロテイン摂取なので、注意が必要ですね。

 

コメント